中国 4インチ以下のスマートフォンが価格崩壊 1台の売価3,000円も


1432398837

中国のマスコミでは、今年に入って、4インチ以下のスマートフォンが価格崩壊しつつある。市場縮小のため、数多くのメーカーはアフリカ、南米、南アジアなどの新興市場に在庫処分を急いでいると報じた。関係者によると、現在3.5インチのスマートフォンがわずか180元(約3,000円)で販売しているという。

去年の後半では、3.5インチ、800MHzが1,000元(約16,000円)スマートフォンの主流スペックだったが、今年に入って、4インチ、1GHzが主流になった。そのうえで、4インチ以下のスマートフォンが急に売れなくなってきた。

消息筋の話によると、市場判断にミスを起こしたある大手の国産携帯メーカーは4インチ以下の携帯が400万台の在庫も持っていると分かった。

IT専門調査会社IDCの最新データでは、2013年第1四半期、5インチ以上のスマートフォンのシェアが7.5%に達し、前期比74%も増加した。さらに2013年末に5インチ以上のスマートフォンのシェアが20%を超えると予測した。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...