中国 全国1/6の耕地が重金属に汚染される


1_3220451055

中国のマスコミによると、中国本土で重金属に汚染された耕地面積は2,000万ヘクタールに達し、全国総耕地面積の1/6を占めた。それらの汚染耕地を修復するために、6万億元(約96兆円)の資金を必要だと報道された。

専門家の話によると、中国全国3億畝(1畝=1/15ヘクタール、約6.67アール)の耕地が重金属に汚染される恐れがある。

中国環境省の発表では、全国30万ヘクタールの基本農地保護区の土壌を抜き取り検査で、3.6万ヘクタールの土壌に重金属含量が基準値を超えている、不合格率は12.1%に達した。中国国土資源省の統計によれば、全国耕地面積の10%以上に重金属に汚染されていると分かった。

重金属に汚染された耕地で作った農産物が人間の健康へ潜在的な危害を与える。中国では毎年重金属に汚染された食糧は1200万トンに達し、直接な経済損失は200億元(約3,200億円)を超えると言われる。

ちなみに、2006年、中国環境省と中国国土資源省が10億元(約160億円)を投じて、3年間をかけて全国の土壌汚染状況を調査したものの、いまだにその調査結果を公表していないのようだ。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:腾讯

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...