2012年 中国のアパレルオンラインショッピング市場の取引額が4.8兆円を突破


20120928021

中国電子商取引研究センターが最近発表した報告書では、2012年中国のアパレルオンラインショッピング市場の取引額は3,050億元(約4.8兆円)に達し、同期比49.9%増加したという。

報告書によると、2009年以来、中国中国のアパレルオンラインショッピング市場の規模は年々増加していく。特に2010年に同期比100.8%増で急成長を実現した。

B2Bのアパレルオンラインショッピング市場シェアで見てみると、やはりアリババ系列のTモールが71.2%の市場シェアを獲得、絶対的にリードしている。京東商城(5.9%)と凡客(5.4%)がそれぞれ2位、3位に就いた。

アナリストの分析によると、アパレル企業が続々電子商取引に参入する原動力は、ひとつ、電子商取引の展開でコストダウンを実現し、効率よく利益を得られる。ふたつ、電子商取引の展開でアパレル企業がより有効的に顧客からのフィードバック情報を得られる。さらに、電子商取引は販売代理店にとって、在庫処分の重要な手段でもある。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:赛迪网 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...