国連報告書 世界で発生した電子廃棄物の7割が中国に流入


8PNO

最近発表された国連の報告書では、世界で発生し電子廃棄物との7割が最終的に中国に流入し、中国は世界最大の電子ゴミ捨て場になったと指摘した。

電子廃棄物とは、廃棄されたテレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコン、携帯電話などの電子製品および関連部品のことを指す。これらの製品は、だいたい中国で生産され、世界各国に輸出して、また電子廃棄物として中国に戻ってきた。

国連の関連規定は、アメリカなどの先進国で発生した電子廃棄物を中国、ベトナムなどの発展途上国に輸出することを禁止しているにもかかわらず、多くの電子廃棄物はさまざまな違法手段で中国に流入、小さな工場で分類処理を行ってから、さらに、フォックスコンのような大手企業に売却。

国連の「中国の電子廃棄物」報告書によると、中国で行われた電子廃棄物の処理手段は、焼却と強酸に漬けるのは一般的だった。そのため、労働者と地元の環境が有毒な重金属による深刻な被害を受ける。さらに燃やされたプラスチックの粉末が空気、土壌、水に拡散すると指摘された。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:TechWeb

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...