アジアの大学ランキング 香港科技大学が3年連続1位


hkust

世界教育界で関心が寄せられたアジアの大学ランキングが発表され、香港科技大学が3年連続アジア1位となった。北京大学が5位にランクインし、中国本土の大学の最高順位になった。

世界有名な国際高等教育研究機関のQ uacquarelli Sym onds(Q S)が、5年連続して今年のアジアの大学ランキングを発表した。このランキング調査は、各大学の評判、学生と教授の割合、論文発表、キャンパスの国際化などの項目について、QSが厳選した2.8万人の学者、7,700人の学校スタッフによる評価されるものだ。

ランキングの結果は、香港科技大学が3年連続アジア1位となり、香港大学が去年よりワンランク上がり、シンガポール国立大学と共に2位にランクインした。香港地区の大学が全部8校のうち、合計6校がベスト50にランクインした。

また、中国本土では、北京大学(5位)、清華大学(14位)、復旦大学(23位)、中国科技大学(26位)、上海交通大学(27位)、浙江大学(28位)、南京大学(29位)、それぞれベスト30にランクインした。

ちなみに、日本の大学では、東京大学(9位)、京都大学(10)、それぞれベスト10にランクインした。

さらに、世界の大学ランキングのベスト200の中、アジアの大学がすでに17%の割合を占めていると報道された。

写真は、香港科技大学のキャンパスだ。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...