北朝鮮 韓国製の携帯端末を使ってはいけないのようだ。中国から50万台を輸入計画


8VB24ENB2ERI0011

中国マスコミでは、2013年内、北朝鮮が中国から携帯端末を50万台(うちスマートフォン10万台)を輸入すると報じた。

携帯端末中国連盟という団体の秘書長に勤めている老杳氏が微博(ウェイボー 中国版ツイッター)で、「初回、北朝鮮に輸出する何千台のスマートフォンがすべてそろった。売値が450ドル(約45,000円)。北朝鮮に輸出する携帯は中国国内のあるメーカーの既存製品で、中国国内の販売価格は約17,000円。また、スマートフォンに搭載されたプログラムが北朝鮮の技術者により書き直された」と発表した。

何ヶ月前も、ほかのルートで得た噂によると、北朝鮮にある唯一の移動体通信運営会社の高麗通訊(Koryolink)は、金正恩氏の許可を得て、中国製の4.0インチ液晶モニターで大容量電池、市場販売価格299元(約5,000円)のスマートフォンを輸入する計画を立っていたという。

報道によると、北朝鮮では韓国製のサムスンを使ってはいけないのようだ。韓国の情報部門は「金正恩氏が使っている携帯は台湾製のHTCのようだ」と分析した。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...