究極の一戦 中国超一流棋士がAlphaGoと対戦へ


去年、韓国超一流棋士イ・セドル(李世石)が1勝4敗でGoogleが開発した人工知能(AI)のAlphaGoに敗れた後、世界ランキング1位の中国超一流棋士柯傑にAlphaGoの快進撃を止めてほしいと囲碁界が期待していた。

中国のマスコミによれば、世間に注目されたこの究極な一戦は今年4月に中国浙江省の烏鎮で行われるようだ。今回、棋士に充分な考慮時間を与えようとして、柯傑とAlphaGoの持ち時間がそれぞれ9時間だと設定される。イ・セドル(李世石)棋士がAlphaGoと対局した時よりさらに長くしたという。

また、柯傑棋士がAlphaGoと対戦した後、日中韓のプロ棋士達が各チームを作ってAlphaGoを挑む企画もあるが、現在中国方面の参加が確認できたが、日本、韓国からの返事がまだ確認できていないようだ。

AlphaGoの開発チーム「DeepMind」が、「どんな対戦結果であれ、人工知能(AI)の分野で囲碁の開発プロジェクトを終了させる」と発表。

「DeepMind」の責任者は「囲碁の開発プロジェクトは、世間から囲碁への関心を高める目的だ。高度的な分析力と計算力の持ち主であるAlphaGoの使い道はもっと広く、マーケティング、気象、さらに軍事分野などでも活躍できる」とコメントした。

(写真は中国棋士 柯傑)

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:爱范儿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...