天津爆発 日系を含む外国自動車1万台以上が被害


929385

8月12日に天津市の港湾地区で起きた危険物倉庫の爆発事故により、現場近くに一時保管されていた外国自動車にも莫大な被害が及んでいたと分かった。

中国では約4割の輸入車が天津港を通して出荷される。2014年天津港から出荷した輸入車の数は50万台を超え、車の本体価値が608億ドル(約7.6兆円)に達したと報道されている。

今回の爆発事故で、日系を含む外国自動車1万台以上が破壊、平均本体価格35万元(約700万円)で計算すれば、最大40億元(約800億円)の直接経済損失になる。

トヨタ
トヨタが出した声明によれば、約50人の従業員が負傷したが死亡者が出なかった。現地販売店の2店舗が窓ガラスが割れたため、一時休業となった。爆発で廃車になった車の台数は現在確認中で非公開だった。

ヒュンダイ・キア
米国NBCによれば、今回の爆発事故で4000台の車が焼失した。また消息筋によると約5000台が焼失したようだ。車単価が約30万元(約600万円)だが、死傷者が出なかった。

フォルクスワーゲン
中国メディアによると、ビートル391台、マルチバン(Multivan)770台、UP!84台、ゴルフワゴン114台、Magotan28台、SportsVan39台、Tiguan257台、Touareg1065台で合計2748台が被害を受けた。

クライスラー
約3000台のグランドチェロキーが焼失。現在具体的な被害状況がまだ把握できていないようだ。

ルノー
天津港に一時保管された6000台の中に約1000台が焼失。ルノーの内部電子メ―ルによれば、被害額が2.1億元(約40億円)に上ったという。

スバル
富士重工業のスバルは100台以上が焼失。

BMW
爆発地区に2店舗の販売店があるが、現在損失状況が不明。

マツダ
50台が焼失、爆発地区にある販売店が爆発の影響で臨時休業となった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...