2015年上半期 中国ゲーム市場の売上高は1.2兆円に達成


021

中国国家新聞出版広電総局が主導した2015年上半期の「中国ゲーム産業レポート」が発表された。

レポートによれば、2015年1~6月まで、中国ゲーム市場の売上高総額は605.1億人民元(約1.2兆円)に達し、前年同期比21.9%増加。うち中国が自主開発したオンラインゲーム市場の売上高は458.3億人民元(約9200億円)、同時期海外市場での売上高は17.6億ドル(約2200億円)を突破した。

ユーザー数から見ると、PCゲームのユーザー数は1.34億人、WEBゲームのユーザー数は3.05億人、チャイナ・モバイル(中国移動通信)のモバイル端末を利用するゲームユーザー数は3.66億人を超えた。

売上高から見ると、PCゲームの売上高は267.1億人民元(約5300億円)、前年同期比4.5%増。売上高総額の44.1%を占める。

WEBゲームの売上高は102.8億人民元(約2000億円)で、前年同期比12%増。売上高総額の17%を占める。

モバイル端末ゲームの売上高は209.3億人民元(約約4180億円)で、前年同期比67.2%増。売上高総額の34.6%を占めると分かった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:DoNews

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...