iPhone 6S パーツ設計図の一部がネット上で流出


9to5mac_6s19

中国メディアによると、自称フォックスコン従業員のあるネットユーザーが中国版ツイッターである新浪微博にiPhone 6Sのパーツ設計図の一部を投稿した。

a81bcfc2f1e22e5_size87_w660_h409

投稿がその後すぐ削除されたが、ホンハイ精密やフォックスコンの会社名がはっきり書かれたその設計図がネット上でただちに拡散していった。

投稿によれば、iPhone 6sの工場内コードネームはN66、iPhone 6s Plusの工場内コードネームはN71だ。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusは1200万画素数の背面カメラが装備、フロントカメラは現在の120万画素数から500万画素数にパワーアップ。4K解像度の録画や240フレーム/秒のインターバル撮影ができる。現在のiPhone 6とiPhone 6 Plusはセンサーが800万画素数しかないため、解像度が1080に限られている。

また噂通り、感圧タッチセンサ・Force Touchを搭載、さらにピンク色のiPhone 6Sも登場するという内容だった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:凤凰网

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...