中国 ニュースサイトをハッキングした犯人が実名で金銭要求


dk_3-crvvrak2717975

中国メディアによれば、中国ニュースサイト「中国新聞綱」がハッカーによる攻撃を受けたと報道された。

6月3日午後11時ごろ、同サイトにアクセスするとすぐ「お金を振り込んだら直してやるぞ」というメッセージが表示され、さらに犯人の名前、銀行口座番号とメッセンジャー「QQ」のアカウントまで掲載された。

午後11時30分ごろ、同サイトが正常に戻ったが、このような口座番号や連絡先を堂々と掲示する確信犯の手口に、ネット上では衝撃を走った。

ハッキングをうけた「中国新聞綱」は1999年に設立した政府系列のニュースサイトである。当該サイトはすでにネットセキュリティー部門に通報したという。

中国の法律では、「コンピューター情報システムの機能を勝手に削除、改ざんなどの違法攻撃によるコンピューター情報システムが正常に機能できなくなる場合、5年以下の懲役を罰することになる。さらに被害が深刻の場合、5年以上の懲役を罰する」と定まる。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新浪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...