第68回カンヌ国際映画祭 侯孝賢(ホウ・シャオシェン)がカンヌ監督賞を受賞


Taiwanese director Hou Hsiao-Hsien talks on stage after being awarded with the Best Director prize during the closing ceremony of the 68th Cannes Film Festival in Cannes, southeastern France, on May 24, 2015.   AFP PHOTO / VALERY HACHE
 
5月24日(現地時間)に、第68回カンヌ国際映画祭の授賞式がフランスで行われ、映画『聶隠娘』(黒衣の刺客)をもって、台湾の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督がコンペティション部門の監督賞を受賞した。

『聶隠娘』(黒衣の刺客)は製作期間が10年もかかったアクション時代劇。唐の時代を舞台に女暗殺者の物語で、すべてのセリフは古文で書かれている。

(FromL) Taiwanese actress Shu Qi, Taiwanese director Hou Hsiao-Hsien and Taiwanese actor Chang Chen pose as they arrive for the closing ceremony of the 68th Cannes Film Festival in Cannes, southeastern France, on May 24, 2015. AFP PHOTO / BERTRAND LANGLOIS

704_1636518_801786

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督はインタビューを受けた際、「自分がどんな作品を作ったかを分かれば、受賞するかどうかに特に気にしない。」と述べた。

ちなみに、5月14日(現地時間)、中国本土の賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督も功労賞「ゴールデン・コーチ賞」を受賞し、中国人監督として初の快挙となる。

FOREIGN201505151503000143879191555

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新浪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...