噂 iPhone 6sの生産がすでに始まった!


119840264
 
台湾「経済日報」によれば、アップル社がサプライヤーに新型iPhone 6sの生産をスタートさせたようだ。

iPhone 6sのカメラは1200万画像数にアップグレードされ、カメラの製造を引き受けたのは台湾メーカーの大立光電(largan)で、組み立ての受託製造工場は鴻海(ホンハイ)とペガトロンである。

iPhone 6sのサイズは現在と同じ4.7インチと5.5インで、外観はあまり変わらないようだ。色は現在リリースした色のほか、女性向けのローズゴールドを増やしたという。

さらに、台湾のメディアはサプライヤーから収集してきた情報により、iPhone 6sの特徴をいくつかまとめてみた。
●A9プロセッサが搭載、処理性能はより速くより節電。
●メモリは2GB LPDDR4へアップグレード。
●新しい感圧タッチ (Force Touch)トラックパッドが搭載
●スピーカとマイクの品質を改善
●iPhone 6 Plusが曲げやすいという欠点があったため、iPhone 6sが新しい金属材質を採用。

ちなみに、今年iPhone 6sとiPhone 6s Plusの出荷台数の合計は8000万~9000万台と専門家に予測されている。
119840271

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:donews

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...