2014年 中国人が世界の奢侈品(高級ブランド)の46%を購入した


1898
 
奢侈品(高級ブランド)の研究とコンサルティング機関である財富品質研究所が「中国奢侈品レポート」が発表した。2014年度、中国人 が世界の奢侈品(高級ブランド)の46%を購入したと分かった。

レポートによれば、中国人が2014年に購入した奢侈品(高級ブランド)の総額は1060億ドル(約12.4兆円)を超え、前年比4%増加した。 ちなみに世界の奢侈品(高級ブランド)市場も2320億ドル(約27.1兆円)に達した。

2014年中国本土での奢侈品(高級ブランド)の売上は250億ドル(2.9兆円)で前年比11%大幅減少した一方、海外での購買金額はますます増え続けている。

2014年度、中国人の海外旅行者の人数は5年連続20%の成長率を維持している。2010年の海外旅行者の人数は5300万人に対して、2014年度ではすでに1.17億人を突破。また、海外での1人当たりの購買額は632ドル(約74,000円)に達し世界一と言われた。

特に奢侈品(高級ブランド)が中国人に人気がある。2014年に中国人消費者が奢侈品(高級ブランド)を購入した総額は1060億ドル(約12.4兆円)だが、そのうち海外で購入した奢侈品(高級ブランド)の総額は810億ドル(約9.5兆円)で76%の割合を占めた。

レポートでは、中国国内で偽物の氾濫が中国人が海外へ高級ブランドを購入することに拍車を掛ける。また、国際知名の高級ブランドメーカーも、中国人消費者に重視するが中国本土の奢侈品(高級ブランド)市場への進出が消極的だと指摘した。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新京报

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...