エイボン中国で贈賄を認めた 1.35億ドルの和解金を支払へ


9-328153903916

アメリカに本拠を置く化粧品の製造販売会社エイボン(AVON)の中国子会社は、12月17日に中国高官への贈賄を認めた上で、1.35億ドルの和解金を支払うことに合意した。

和解金の半分は刑事罰金で、残り半分は米国証券取引委員会(SEC)との和解するための金額である。マンハッタン連邦裁判所の公聴会で、エイボン·カウンセル法律顧問のジェフ·ベンジャミンは、2004年から2008年の間に、エイボン中国の上層部および職員が中国の政府関係者に贈賄、しかも会計記録に関連費用が正確に反映していなかったと証言した。

米国証券取引委員会(SEC)の主張によれば、エイボンは中国で直接販売ライセンスを獲得、罰金から逃れ、メディアのマイナス報道への抑制するため、中国当局の高官に贈賄した。贈賄回数9600回で贈賄金額は165万ドルに及んだという。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新浪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...