鳥インフルH7N9型 中国で9人感染3人死亡


900x600_8RHI2H2300AN0001

 

中国国家衛生と計画生育委員会の発表では、4月3日まで鳥インフルH7N9型を感染した患者が全国で9人と確認された。江蘇省4名、安徽省1名、上海2名、浙江省2名、そのうち3人が死亡した。

最新の死亡例は、鶏鴨を運輸する江蘇省出身の男性が咳と高熱で上海の病院に入院後、H7N9型ウイルスを感染されたと確認。男性が4月3日に死亡したと報道された。

専門家は家禽や家禽の分泌物や排泄物からH7N9型ウイルスを感染されたと推測しているが、現段階では、人から人への感染する可能性を示す証拠はないという。

既存の確定患者はいずれ成人であり、ハイリスク群としては、家禽の飼育、販売、食肉処理に従事する作業員とみなれる。

新型インフルエンザ発生のニュースは、国内で大きな不安を巻き起こしている。「中国版ツイッター」と呼ばれるウェイボーサイトも様々な憶測と噂が流されたいる。専門家も「今週末の清明節に市民が郊外に遊びに出かける際、できるだけ野鳥との接触を控えよう」と呼びかける。

 

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...