がん死亡 北京市民の年間死亡原因の第一位になった


5

北京市衛生局の発表によると、悪性腫瘍(がん)は北京市民の年間死亡原因の第一位になった。発ガン率が毎年1.6%増、新しいガン患者が毎年3.7万人を超えた。平均して毎日約104名北京市民がガンを患ったとわかった。

2001年から2010年にかけて、北京市の肺がんの発症率が56%増、新しいガン患者の中に5人に一人が肺がんを患った。35歳以上の発ガン率が上昇しつつあり、男性の発ガン率が女性より1.6倍高いという。
大気汚染が深刻化した中国は未来10年以内、肺がん、消化器がんの発症率がさらに急速に増加すると専門家に警告された。

中国の北京市政府は28日、微小粒子状物質「PM2.5」の排出源である石炭火力発電所を一部閉鎖するなど大気汚染対策を打ち出し、さらに専門組織を設け大気汚染対策を実施。今後3年以内に、大気汚染などの環境問題に取り込む計画を明らかにした。

 

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:搜狐

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...