アメリカ11歳中国系少女 グーグル落書きコンテスト優勝


U10

斬新なアイディア、優れたデザインはグーグルトップページの落書きの特徴だろう。今年のグーグル落書きコンテストで優勝したのは11歳の中国系少女、テーマは「自然の母に回帰する」。

今年第7回グーグル落書きコンテスト(Doode 4 Google)は、約10万枚作品の中に、グーグルは50州によりそれぞれ1名の州優勝者を決め、それら50名の州優勝者から最後の年度優勝者を決めるというシステムだ。年度優勝者は全米何百万人のネットユーザーからの投票で決定する。

ニューヨークに住む小学校5年生の11歳中国系少女張天羽(Audrey Zhang)の作品が年度優勝を選ばれた。この落書きコンテストはアメリカK-12クラス(大学生以下の学生)青少年向け、今年のテーマは「一つの革新的な設備で世界をより美しくさせる」

U109

張さんの作品には、巨大な水の浄化器が描かれている。彼女の考えは、この水の浄化器が汚染された川や湖や海から水を汲み、安全かつ衛生的な水に浄化させるというアイディアである。しかもグーグルのロゴも浄化器と背景にうまく隠れている。彼女の絵はカラフルで奇想天外の想像力を持ってハイテク機器、森、海、昆虫、クジラと人間の調和的な関係を表した。

張天羽さんはグーグルから3万ドルの奨学金を獲得、彼女の学校も5万ドルの教育科技奨励金を獲得する。さらに、彼女の希望により、グーグル基金は2万ドルを寄付して、バングラデシュの学校の学生にきれいな水を提供するという。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新浪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...