アリババグループ 205億円で広州恒大サッカークラブの株式50%取得


jack_ma

6月5日、 中国の電子商取引最大手であるアリババグループは、12億元(約205億円)で広州恒大サッカークラブの株式50%を取得することで合意したと発表。

アリババのジャック・マー(馬雲)会長は、「集中、セクシー、諦めない、波乱万丈と言われるサッカーがもたらしてくれた健康と快楽こそ、アリババが皆さんへの最高の恩返しだ」とコメント、恒大グループとの協力で、中国サッカーの発展に促進したいと意欲を見せた。

一方、5月15日に「アリババグループが投資してくれる」と発表した杭州緑城サッカークラブのオーナー宋衛平氏はマスコミに対して、杭州緑城ではなく広州恒大サッカークラブを選んだアリババのジャック・マーを批判して不満の意を漏らしたという。

関連記事:アリババ ジャック・マ 地元のサッカークラブを買収

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...