ソフトバンク アリババが上場する際にその持ち株を売却しない


5c3263d29eefcb64e35afa1c244566db

中国のメディアによれば、アリババがIPOする時期に、ソフトバンクがアリババの持ち株を売り出さないと表明したという。

ソフトバンクは現在アリババの筆頭株主で、34.4%の未公開株を所持している。アリババがIPO成功したら、それらの株の価値は500 億ドル超えと予測される。

ソフトバンクの孫正義氏はアリババ上場後、所持したアリババ株の割合がどれぐらい薄くなるかと明言を避けた。

さらに、孫氏が「我々が永久にアリババ株を持つとは言えないけれども、現在の状況では、ソフトバンクとアリババは戦略パートナーなのだ」と強調した。

業界では、ソフトバンクはアリババ株の売却により、自社の負債あるいは企業買収の資金にするのではないかと憶測されている。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:腾讯

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...