フォーブス:2014年末に中国の富裕層は1400万人超


20120330100531_qpXZ

4月16日、世界的に有名な財経メディア「フォーブス」中国語版が北京で「2014中国大衆富裕層富白書」を発表。

国際基準を参考に、フォーブス中国語版は中国富裕層の定義を「個人が投資可能な資産は60万元~600万元(約1000万円~1億円)を持つ中国の中産階級の群体」とする。投資可能な資産は現金、預金、株式、債券、保険基金、投資性不動産などと指す。

2013年末、中国の富裕層が1197万人を達した。2014年末に1401万人だと予測されている。現在、中国の富裕層は金融、貿易と製造業など3つの業界に集中している。

フォーブスが今年初めて中国の富裕層に対して、幸福感、プレッシャーなどについて調査を行った。調査の結果によると、「幸せ」を感じた富裕層は45.1%、、「まあまあ幸せ」を感じた富裕層は49.4%、「幸せではない」と答えたのはただ1.7%だった。

プレッシャーの調査結果では、「プレッシャーがあった」と回答したのは74.7%。うち10.5%が「大きなプレッシャー」を感じた。「プレッシャーを感じていない」と答えたのは23.3%だった。すなわち中国の富裕層は、プレッシャーがありながら幸福を感じた群体だった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:腾讯

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...