アリババ、米国上場へ 筆頭株主ソフトバンクの株価も上昇


328

3月16日、中国の大手インターネット会社アリババグループは、米国上場する手続きをスタートさせたと発表。香港上場か、米国上場か、アリババグループの上場戦略も二転三転して、半年前からいろいろな噂を流されたが今日に至ってやっと結論が出た。

アリババのIPOは、Facebookにつぎ、最も大きな上場プロジェクトとして業界から注目されている。

市場もアリババの上場に歓迎する姿勢を見せてくれた。3月17日にアリババの筆頭株主であるソフトバンクの株価が6.6%上昇で8239円になった。

ソフトバンクは2000年に初めてアリババに2000万ドルを投資した。現在アリババグループの36.7%株を所有している。アリババの株はソフトバンクにとって、最も重要な資産だと言っても過言ではないだろう。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...