XiaomiのCEO インタビューを受けた時、Xiaomiという会社について何を喋ったか


201305221020306690

XiaomiのCEO雷軍氏はある雑誌のインタビューを受けた時、Xiaomiという会社について、彼なりのユニックな考え方を喋ってくれた。

●皆さんはXiaomiが大きい会社と言ってくれるが、僕から見ればXiaomiは町の中の小さな店にすぎない。僕はその店のオーナーシェフだ。すべてのお客さんに挨拶するのは僕の仕事だ。Xiaomiを運営するのは、ただ自分の趣味だった、負けてもかまわない。

●Xiaomiはインターネット精神を最も表す企業かもしれない。百度だって、アリババだって、テンセントだって皆がとても成功しているが、歴史も長いだろう。我々はここまで来てただ2年しかかからなかった。創立した際、我々が5年以内で絶対上場させないと決めた。急いで上場させるより製品にもっと力を入れるべきだ。

●世の中、とてもすごい人がいないけれど、真面目で完璧主義者がいる。マスコミからXiaomiのマーケティング戦略がすごいと言われても、実はXiaomiがたいしたことがやっていないと思う。会社の中、基本的にマーケティング部門すら設置していないからだ。口コミで会社の知名度が高めると共に、お客さんの期待感もさらに高まるから、このバランスのコントロールがとても大事だ。現在Xiaomiが有名になったが、僕にとってもっと抑えないといけないと思う。

tabyu

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...