テンセント 京東商城と提携、目標は打倒アリババ


tencent

3月10日、テンセントが京東商城に投資、京東商城の株の15%を獲得したと発表された。提携後、京東商城が独立運営の体制を変わらないという。

テンセント方面が2.14億ドル(約220億円)を京東商城に投資、QQネット通販、拍拍などの電子商取引部門と物流部門を京東商城に任せる。一方、京東商城方面は、現金のほかテンセントのWechat、携帯端末用QQなど顧客資源のサポートも得られる。

去年、テンセントの電子商取引部門の売上は百億元程度、京東商城の売上は千億元だが、アリババのTモールはすでに万億元を超えた。共同の巨大なライバルの前に、テンセントと京東商城の提携は意外とは言えないだろう。いずれにしても百度、テンセントとアリババが主導権を握った中国インターネット業界の統合競争はますます白熱化になるに違いない。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:爱范儿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...