ビットコインの発明者中本聡に、初インタビュー成功


U1022
 
海外のメディアによると、仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)の発明者中本聡(なかもと さとし)が米国ロサンゼルスのSan Bernardinoに在住していると確認された。

2009年、中本聡氏が仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)を発明した。特徴としてユーザーが金融機関を経由せず、インターネット環境とビットコインのソフトさえあれば、ほかの公開された口座に支払できる。

インターネットで検索しても中本聡氏の資料がほとんど出てこないため、彼の身分が謎のままだった。先日、ある記者がやっと彼へのインタビューを成功させた。面白いことに、性格が非常に慎重な中本聡氏は、警察の立会いのもとで記者のインタビューを受けたという。

記者が書いた記事では、中本聡氏は今年64歳、日系アメリカ人、カリフォルニア州立理工大学を卒業、物理学の学士の学位を獲得した。ちなみに「中本聡」も彼の本名だそうだ。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新浪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...