アメリカ 「悪名市場リスト」が発表 中国本土ダントツ


2014

先日、アメリカ貿易代表オフィス(USTR)が2013年度「悪名市場リスト」を発表。中国が衣料品、映画、ゲームおよびソフトなどの領域でニセモノ氾濫、知的財産権への侵害を理由で、最大なニセモノ実体市場と認定された。

リストのなかに、北京秀水街、広州服飾卸売センターは中国ニセモノの源と見なせ、中国でチェーン店を展開されているパソコン販売店「百脳汇」は海賊版映画、海賊版ゲームと海賊版ソフトの集散地と言われた。

「悪名市場リスト」というのは、知的財産権を侵害したうえ、アメリカの企業および従業員に損害を与えてしまった世界範囲での企業、商店と通販サイトのことだ。アメリカ政府が2006年から定期的に発表されたものだ。2011年、中国の義烏小商品城、海龍電子城、タオバオなど中国企業が始めてリストに載せられた。

2013年2月、アメリカ税関の発表によれば、押収されたニセモノの72%が中国本土からのもので、年間を通して約10528回中国のニセモノが押収されたため、すなわち、1時間ごとに一回中国のニセモノが押収されたと分かった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:腾讯网

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...