アリババ アメリカで「11 Main」を立ち上げ、ネット通販事業をスタート


1821

海外のメディアによると、中国大手インターネット会社アリババグループは子会社のVendioとAuctivaを通して、アメリカでネット通販サイトを立ち上げた。

その名前は「11 Main」というオンラインショッピングサイトである。アリババの紹介では、ユーザーにファッション、ハイテックとジュエリーなどの「面白く高品質の製品」を提供するという。

アリババはいつも買収を通じて海外市場の拡大を図ってきた。アメリカで投資部門を設立、競合相手アマゾンのライバル会社ShopRunner Inc.に2.06億ドルを投資したケースもあった。

VendioとAuctivaは元々、ネットユーザーがeBayとアマゾンでの販売をサポートする事業がメインだったが、2010年にアリババに買収され、傘下に収まった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:IT商业网

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...