宿題代行の「作業君」 SINAウェイボー(新浪微博)で人気急上昇


2240

 

最近、SINAウェイボー(新浪微博)でニックネームが「作業答案来了」(日本語で訳すと「宿題答案が来た」)というユーザーが人気急上昇。彼は、毎晩8時から10時の間、無償で学生に聞かれる難問宿題100個をリツイートしてくれる。すると5分から10分にかけて、たくさんのユーザーがその難問をクリアし回答してくれるそうだ。氏のことをみんなに「作業君」(日本語で訳すと「宿題君」)と呼ばれている。

報道によると、去年11月に「作業君」がSINAウェイボーをはじめて以来。4ヶ月のうちフォロワーが86000万人も達した。彼がリツイートした問題は中学、高校レベルがメインでたまには大学レベルの難問も出される。問題の範囲も国語、数学をはじめ、外国語、医学までそれぞれだった。

宿題代行の理由を本人にたずねると、「自分が子供のごろ、学校成績が悪くて、宿題にとても苦手だった。このような辛い経験があったこそ、宿題に悩んでいる今の子供に助けてあげたい気持ちだ」。

人気になった「作業君」にインターネット上でも賛否両論である。「子供がSINAウェイボーばかりいじっていて、勉強に集中できるわけがない」という声もあれば、「これは新しい学習方式なので、時間をかけて見守ってあげなさい」という声もあった。

「僕のことを好かれても嫌われても関係ない。ただ夜遅くまで宿題に悩んだ子供を早めに寝させたいだけだ」「作業君」はインタビューを受けた時、このように答えた。

いずれにしろ、難しい宿題に困っている子供にとっては朗報に間違いない!

 

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...