中国 2013年GDPの成長率が7.7% 伸び率が横ばい


2014

1月20日、中国の国家統計局が「2013年の中国GDP(国内総生産)の成長率が7.7%となり、政府目標の7.5%は超えたと発表した。2012年の成長率も7.7%だったため、2年連続で8%を割ったと分かった。

政府の発表によると、2013年中国国内総生産値は568845億元、前年比7.7%増加。全国穀物総生産高は60194万トンで、前年比1236万トンを増加し、成長率が2.1%を達した。中国鉱工業生産は前年比9.7%増だが、予想の9.8%より若干下回り。第1四半期、第2四半期の成長率が9%台で、第3四半期、第4四半期ではやっと10%台に戻った。

固定資産への投資額は前年比19.6増加したが、投資割合の63%は国有企業と民間企業が占めた。一方、外国からの投資利用率が3.7%減少したと分かった。

小売業界売上高総額は234380億元で、前年比13.1%増加。輸出入総額は41603億ドルで、前年比7.6%増加した。うち輸出額22100億ドルで前年比7.9%増、輸入額19503億ドルで、前年比7.3%増加した。貿易黒字は2597.5億ドルとなった。

同日、国家統計局の発表より、2013年中国国民所得のジニ係数(Gini coefficient)が0.473だと分かった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...