中国 チャン·イーモウ映画監督 一人っ子政策違反で罰金1.2億円


5404a6c479a5142b09eb08

中国のメディアによると、「紅いコーリャン」などの作品で知られるチャン・イーモウ映画監督は、一人っ子政策違反で748万元(約1.2億円)の罰金が課されると報道された。

1月9日、無錫市計画生育局が、チャン・イーモウ夫婦に「社会扶養費徴収決定書」を送付し、現在の奥さんとの間に生まれた男児2人(12歳、9歳)と女児1人(7歳)が一人っ子政策違反したという理由で、30日以内で社会扶養費総額748万元(約1.2億円)の罰金を一括で払うと命じられた。また、30日以内納付しない場合、さらに滞納金が課されるという。

チャン・イーモウ監督が元妻との間に子供がいるが、再婚した後さらに3人の子供が生まれたという暴露ニュースで、中国社会で大きな騒動になり、最初から雲隠れして沈黙を保ったチャン・イーモウ監督も世論とマスコミに謝罪まで追い込まれた。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:凤凰网

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...