中国人富豪の間でフランスのワイナリーへの投資が流行


img268874

香港のメディアによると、中国人富豪、今度はフランスのワイナリーを投資のターゲットとして選んでいる。

中国人投資者に対して、地元フランスの人々の意見も分けている。「ワイナリーがフランス人が持つべき」と考える反対派もいれば、「外国からの投資をうまく利用すれば、地元のインフラ整備にも役に立つ」という支持派もいる。

フランスのボルドー地区はワインの名産地、8000以上のワイナリーがある。その中、すでに50軒ぐらいが中国人投資者による購入された。規模は小さいともいえ、一軒あたり1000万ユーロの値段が付いていた。

一方、一部の買い手が非課税制度を利用してマネーロンダリングを行う恐れがあるとして、フランスの反マネーロンダリング部門が取引を行う際に、マネーロンダリングの助長に関わらないように呼びかけている。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:腾讯

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...