「お金持ちになる」=成功 7割の中国人が賛成


3340

パリに本社を構えるコンサルティング会社のイプソス( IPSOS )は、最近20ヶ国に対して金銭観、成功などの価値観について調査を行った。

アンケート調査を受けた71%の中国人は、「自分が所有しているものによって、自分が成功しているかどうかを判断すべき」(I measure my success by the things I own)を選んだ。ちなみにこの答えを選んだ人々の割合は世界範囲で平均34%だが、中国人の割合だけはダントツ目立つ。

もう一つの問題では、「私は成功と稼ぐに非常にプレッシャーを感じる」(I feel under a lot of pressure to be successful and make money)に対して、68%の中国人が「yes」を選んだ。ちなみにこの答えを選んだ人々の割合は世界範囲で46%だった。

イプソスの分析では、多くの中国人は個人所持品が成功のすべてだと考える傾向がある。現在全世界三分の一の高級品が中国で消費されている。

全体的に見れば、中国、インド、ブラジルのような新興国は、「お金持ちになる」=成功という価値観が強いと分かった。一方、先進国の回答者の多くは「お金持ちになる」が成功との関連性が低いと答えた。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新浪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...