2013年度最も優れたCEO 馬化騰と豊田章男氏が選出された 


20131218

年末になると、アメリカのビジネススクールであるタック・スクール・オブ・ビジネス(Tuck School of Business at Dartmouth)の経営学教授シドニー·フィンケルシュタイン氏(Sydney Finkelstein)がこの一年間で最もダメなCEOを選出するのは慣例だった。今年は彼が初めて最も優れたCEOを選出した。

今回選出された2013年度最も優れたCEOは、Amazon CEOのJeff Bezos氏(ジェフ・ベゾス)、テンセントCEOの馬化騰氏、アパレル会社であるマイケルコースCEOのジョン・アイドル(John Idol)、オンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社であるネットフリックス(Netflix)のCEOのリード・ヘイスティングス(Reed Hastings)及びトヨタCEOの豊田章男だった。

5人のなか、ベゾス、馬化騰とヘイスティングスの共通点は、3人とも自分の会社を設立かつ現役のCEOを務めている。また3人の会社もインターネット事業を展開している。

馬化騰の入選理由とは、テンセントは中国最大手、世界三位のインターネット企業、現在時価総額が1000億ドル(約10兆円)を超えた。馬化騰も中国億万長者ランキングの2位になった。

豊田章男の入選理由とは、2011年にトヨタが世界最大の自動車メ―カーの王座から転落したが、豊田章男の経営手腕で、2013年前半に再び登頂したという。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:腾讯

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...