女子高生が妹に野菜を食べさせるため、ネットで嘘の「濃霧対策」を募集 700万人が参加


129336_1220697181
 
中国のメディアによると、福建省にいる女子高生が、野菜嫌いな妹に青菜を食べさせるため、ネットで「青菜を食べると、有害物質を含んだ濃霧による中毒を防げる」という善意的な「嘘」を募集した。

この家族の普段会話のなか、中国で発生した有害物質を含んだ濃霧が話題になった。女子高生は9歳の妹に「青菜を食べると、有害物質を含んだ濃霧による中毒を防げる」と説得した。妹が信じたがらないため、ネットで回答を探すと言い出した。

そしたら女子高生はBaiduのノウハウに、「有害物質を含んだ濃霧による中毒をどう防ぐ」という質問を書き込み、さらに、中国版ツイッターであるウェイボーに「妹に野菜を食べさせる、善意の的なウソの回答を寄せてください」と呟いた。

結局、このつぶやきは直ちに中国のネットで沢山のユーザーにフォローされ、ただ一日でなんと700万人のユーザーがこの話題に参加し、16000人のユーザーが真面目に「青菜を食べると、有害物質を含んだ濃霧による中毒を防げる」と証言してくれたという。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...