iPhone上海工場 労働者4人が死亡 過酷な労働環境の疑惑


201312120412232c084_550
 
「ウォールストリート·ジャーナル」によると、アップル社iPhone 5Cの製品調達先である和碩聯合科技(ペガトロン)の上海工場では、15歳の未成年者を含め、4人の労働者が死亡したと分かった。

アップルと和碩聯合科技側は、4人の死亡原因が労働環境と関係ないと発表したが、アップルとサプライヤー側が労働者に安全な労働環境を提供できていないか、不正に未成年労働者を雇用したのかという疑惑を再び浮上した。

今年9月に、15歳の施招鯤さんが和碩聯合科技の上海工場で働き始めた。そのわずか1ヶ月後、彼は肺炎で病死した。労働合団体では、長い労働時間と混雑な生活条件が未成年者の彼の死亡を招いたという見解を示した。

一方、アップルの広報担当者の発表によると、施招鯤さんの死因を調査するため、和碩聯合科技の上海工場にアメリカと中国の医療専門家チームを発遣した。専門家達は施招鯤さんの死因と労働環境に関連する証拠が見つからないという。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:凤凰网

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...