アリババ ハイアールに28億香港ドルを投資、その狙いは?


228739

12月9日、アリババグループがハイアールグループ傘下のハイアール電器に、総額28.22億香港ドル(約375億円)を投資すると発表した。

その投資の内訳では、ハイアール電器の子会社である日日順物流に18.57億香港ドルを投資、合弁会社を作る一方、9.65億香港ドルの購入価格でハイアール電器の2%の新規株も獲得した。

日日順物流は全国で9ヵ所の拠点と90個の物流センターを持ち、倉庫面積が200万平米以上である。さらに、全国の2800県(日本の郡に相当)で数多くの流通ステーションと17000以上の集荷所を持つ。

アリババの狙いは、言うまでもなく日日順物流が持っている流通ルートとノウハウだ。双方の提携によって、ハイアールが持っているサプライチェーン管理、物流、倉庫保管、流通ルートなどの強みとアリババのeコマースエコシステムの強みを合わせて、新しい物流システムを構築する思惑である。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:爱范儿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...