なぜ香港の若者はインターネット起業する意欲が低いなのか?


U6349P2DT20130111091110
 
今年初めに発表された「広州、台湾、香港、マカオ青年起業比較研究レポート」によると、四ヶ地域のなか、香港の若者がインターネット起業する意欲が最も低いと分かった。

面白いことに、「会社設立手続きが簡単、税制システムも簡単、世界最速のブロードバンドネットワークのひとつ」など香港でインターネット起業する条件は広州、台湾、マカオより遥かに優れていると言われている。

しかし、香港では社会的認知度が最も高い職業はやはり医者、弁護士と金融専門家だ。若者も彼らの親御達がそのようなキャリアで出世したいと強く望んでいる。

このような社会環境に置かれた香港の大学教育も商業と法律のような専門が人気がある一方、情報工学などの専門を学ぶ若者がますます少なくなる。結果的に、インターネット業界の人材も育成困難となってしまうではないか。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...