レノボ 世界第三位のスマートフォンメーカーになった


13158943249058603087

米国に本拠地を置く業界最大規模のICTアドバイザリ企業であるガートナー(Gartner)のレポートによると、レノボは世界第三位のスマートフォンメーカーになった。

ガートナーの報告では、今年7月-9月、世界範囲でスマートフォンの販売台数が同期比45.8%増加で2.5億台になった。スマートフォン以外の携帯電話を含めば第3四半期で、世界範囲で携帯電話の販売台数が同期比5.7%増、合計4.56億台になったと発表した。。

急速成長の主な原因として、新興国市場の消費者は自分使っていた携帯電話をもっと安価なスマートフォンに買い替えたと分析された。

U5081P2DT20131115085250

上記図表のように、サムスンのスマートフォンの売上高は相変わらず世界一だ。第3四半期での市場シェアは32.1%、去年に比べて横ばいだった出荷台数8036万台。

アップルはサムスンに次ぎ、世界二位を維持したが、市場シェアは去年の14.3%から12.1%に下落。

レノボはLG電子を乗り越えて世界三位になった。中国事業の好調で市場シェアは去年の4.1%から5.1%に上昇した。
Huaweiは1166万台の販売台数で、市場シェアは去年の4.5%から4.7%に上昇した。四位のLG電子にわずか0.1%の差で五位となった。

アンドロイドは依然として世界で最も使われているスマートフォンのオペレーティングシステムであり、市場シェアは72.6%から81.9%に急成長。一方、アップルのiOSのオペレーティングシステムの市場シェアは14.3%から12.1%に低下、マイクロソフトのWPの市場シェアは2.3%から3.6%に伸びた。

また、ガートナーの報告によると、2013年の年間携帯電話の販売台数は18.1億台に突破で去年より3.4%を実現できるという見通しだった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新浪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...