「双十一」特売キャンペーン 売上高が水増しの疑惑浮上?!


071222nr6vzvd8vdsr6xx6

11月11日、アリババが行った「双十一」特売キャンペーンの売上高は350億元(約5600億円)を突破したと報じられた一方、数多くのネットショップは高額な販促費用と熾烈なライバル競争という二重苦で頭を悩ましている。

アリババのタオバオやTモールは虚偽な取引行為を禁じているが、やはり中国のメディアに一部のショップの水増し問題が暴露された。

ある広州の衣料品会社の担当者が新聞記者に告発、「11月11日に、会社売上高500万元の中に、少なくとも200万元は自社社員による架空の取引だった」

架空の取引をする理由を聞いてみると、「双十一」特売キャンペーン期間、タオバオやTモールがネットショップに販売ノルマを設定し、達成できなければ、最悪の場合、次回キャンペーンに参加するチャンスがなくなる。逆に、店の売上高が高ければタオバオやTモールから沢山の露出及び宣伝チャンスを与えてくれる。そのために、数多くのショップ運営者が儲けなくても売上高だけが何とか増やさないといけないと考えているようだ。

また、「双十一」特売キャンペーンのような一大行事では、売る側の店として、テレビ、タオバオやTモールのサイトなどの媒体に莫大な広告宣伝費用をかかる。一部の店はかえって「売れば売るほど赤字が出る」というサイクルに陥ったという。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...