中国の不動産開発会社がピカソの名画を27.52億円で落札!


1EA2

中国のメディアによると、2013年11月5日午前8時30分(北京時間)、米国ニューヨークのオークション会場でピカソの名画「2人の子ども」が中国の不動産開発会社・大連万達集団によって1.72億元(約27.52億円)で落札された。

オークション会場では、大連万達集団が欧米やロシアからののコレクターと競い合って、30回以上のやりとりでやっと2816万ドル(約27.52億円)で落札できた。しかも落札価格は当初予想された価格の2倍だという。

今回の落札は、今まで中国本土の企業が買った世界トップレベルの絵画作品の最高値を更新した。

万達集団の担当者によると、企業内部ではあらかじめ最高5000万ドルまで出すと決めていたという。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...