レノボ好調 第2四半期純利益2.2億ドル、同期比36%増


001387232

11月7日、レノボが2013年9月30日までの第2四半期財務報告書を発表した。レポートによると、第2四半期の売上高は97.7億ドル、同期比12.7%増、純利益は2.2億ドル、同期比36%増加を達成した。

財務報告概要:
第2四半期に全世界で2900万台端末機器(デバイス)を販売し、世界最大なパソコンベンダーの座を守った。世界範囲でのシェアは17.7%、同期比2%増加したことで過去最高を記録した

パソコンの販売台数は1410万台を超え、5大パソコンメーカーの中に最も高い成長率を見せた。

スマートフォンの販売台数は1230万台を超え、同期比78%増で、過去最高を記録した。タブレットでは230万台を販売した。

レノボの第2四半期の粗利益は13.2%、同期比0.1%上昇。1株あたり3.79セントの基本利益を実現し、同期比0.84セント上昇になった。

各地域の販売状況:
中国:売上高は38億ドル、同期比1%増。中国市場の売上高は全世界売上高の40%を占めている。

アジア太平洋地域:売上高は15億ドル、同期比1%増。全世界売上高の15%を占めている。レノボはアジア太平洋地域で12.7%の市場シェアで初めて1位となった。

米国および中南米地域:売上高は22億ドル、同期比37%増。全世界売上高の22%を占めている。この地域の成長率が特に目立つ。

欧州、中東及びアフリカ地域:売上高は41.25億ドル、同期比22%増。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:DoNews

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...