中国本土 億万長者の数は世界二位に 9割の富豪が白手起家


116391
 
11月6日、情報調査機関Wealth-Xと金融機関USB(United Bank of Switzerland)が香港で2013年世界億万長者人口調査報告書を発表した。レポートによると、中国本土と香港の億万長者の数は、それぞれ世界二位と七位にランクされた。

調査報告では、2013年度世界範囲で個人財産が10億ドル以上の大富豪に関する統計調査である。データによると、2013年度世界範囲で個人財産が10億ドル以上の大富豪の数は2170人、財産総額は6.5兆ドルだ。2012年7月から2013年6月まで、全世界の億万長者の数が0.5%増、総財産も5.3%増加した。

その中、特にアジア地区にいる億万長者の増長が目立つものだ。去年同期比3.7%増で508人に達し、財産総額も13%増加した。この成長率を維持できれば、今後5年以内でアジアの億万長者の数は北米を追い越すだろうと予測されている。

また、アジアの億万長者はまだ一代目、二代目の企業家が多い、彼らは財産相続に対する関心が最も高いと言われる。

報告書は中国本土と香港の億万長者について詳しく分析した。2013年、中国本土にいる億万長者の数157人では米国に次ぎ世界二位、2012年より10人が増えた。彼らの財産総額は3840億ドルに達した。特に工業産業と不動産関連は億万長者が輩出する業界である。

香港の億万長者の数は75人で世界七位となり、彼らの財産総額は2240億ドルに達した。しかし、その75人の中に、香港出身者はわずか25%、6割以上の億万長者が中国本土から伊移住した人達だった。

さらに、中国本土の億万長者は白手起家(無一物で事業を成功させ、一代で財を築いた)した成功者の割合が約89%、この数字はまさに世界で第一位だ。

ちなみに、香港の億万長者は白手起家した成功者の割合がわずか20%、世界で最も低いと言われる。 

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新华网

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...