日系自動車 好調が続き10月も中国での販売が爆発的に急増


132

11月5日、日系自動車企業が発表したデータによると、9月の好調に続き、10月に日系自動車は中国での月販売台数が爆発的に成長した。その中、ホンダの成長率が前年同期比212%急増。成長率が最も低いトヨタでも80.6%の成績を出した。

ホンダが公表したデータによると、10月に中国での販売台数は75150台、去年10月に24115台の販売台数に対して212%増を実現した。

日産の販売台数は114700台、前年同期比127.8%増。トヨタの販売台数は82400台、前年同期比80.6%増。マツダ販売台数は17904台、前年同期比88.2%増加した。

自動車アナリストの分析では、2013年、日系自動車企業が更なる中国本土化政策や新モデル車種の投入および大幅値下げの販促策が良い結果を果たしてきたではないかという。

2012年に開かれた広州モーターショーでは、トヨタは中国国内の子会社を「トヨタ中国」から「中国トヨタ」に社名変更。それもトヨタが中国市場の戦略的地位への重視さを示しているだろう。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...