ブラックベリーTOP交代 スマートフォン市場から撤退になるか


04-19-20-4
 
11月4日、カナダのスマートフォンメーカーであるブラックベリーは身売り計画を取りやめ、新たに資金調達を目指すと発表。同時に香港出身の程守宗(ジョン·チェン)氏が臨時CEOと任命された。

程CEOはインタビューを受けた時、「ブラックベリーの従業員は、会社の将来を改めて考えないといけない。我々がすでにスマートフォン市場から脱落し、これからスマートフォンのアプリ、サービス市場に重点を置かないといけない」と宣言した。

米国AP通信よると、程CEOの宣言はブラックベリーが、スマートフォン市場から撤退になる兆しではないかと分析。

ブラックベリーのユーザー数は、6月に約7200万人だったが、8月に6500万人まで減った。ユーザー数の流失がさらに止まらないとアナリスト達に予測されている。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:腾讯

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...