上海盛大の子会社、自主開発したスマートウォッチが発表へ


1363664727246
 
消息筋によると、フル機能のiOS搭載するアップルの「iWatch」が年内にも発表される模様だ。そんな中、中国上海盛大綱絡発展有限公司(NASDAQ:SNDA)の子会社(果殻電子)が、6月に自主開発したスマートウォッチ「Bambook Smart Watch」が発表すると中国マスコミに報道された。

「Bambook Smart Watch」を携帯電話のアクセサリーとして位置づける。「Bambook Smart Watch」がAndroid OSに加えてFirefox OSのタイプもあり、容量がそれぞれ8G、16Gおよび32Gの3種類である。詳しい仕様が明かされていないが、機能の面では、「Bambook Smart Watch」がインターネットや、GPSサービス、メッセージを送受信なども可能。さらに赤外線を介して家電製品をコントロールもできる。外観の面では、「Bambook Smart Watch」が電子インク画面を採用、通常の男性用腕時計より若干大きい。販売価格は100ドル以上と予想されている。

アップルの「iWatch」、GoogleのGoogleグラスのように、未来型のトレンドを挑戦する果殻電子が、中国国内でスマートウォッチにかかわる最初のインターネット企業になった。

 

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:techweb

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...