噂か本当か 明治グループが中国市場から撤退?


2012

中国のメディアによると、6年以上中国に進出した大手乳製品企業の明治グループが中国市場から撤退する方針が固まったと伝えた。

連日、中国乳製品業界の専門家達が相次いでWechat、Weiboのような媒体で「明治グループが中国市場から全面的に撤退する」、「明治の内部からもらった情報だが、明治が中国市場から撤退し、ヨーロッパ市場に転向する」などの書き込みを発表した。

明治グループは2007年から正式に中国市場に進出した。2011年、明治の粉ミルク「明治ステップ」からセシウムが検出されたきっかけで、中国にまで飛び火する問題になっている。

2013年、中国政府は乳製品企業に対する独占禁止法の調査を行った。明治グループも政府の調査を受けたが、最終的に処罰を免除された。

自ら中国市場から撤退という噂を受けて、業界関係者では、明治の粉ミルクは中国で人気があるので、堅持すれば市場を失うことがまずないだろう。今回の中国撤退する理由が見当たらないという見解を見せた。

現在、明治グループ中国側がコメントを控えているという。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:腾讯

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...