トヨタ 中国成都工場に資本補充 反日デモ以来初めての増資


w_2441238650497
 
中国メディアの報道によると、10月22日にトヨタが四川省成都市にある合弁工場に資本金を増やしたと発表。

トヨタが成都工場に増資した金額は約50億円で、さらに新たに500名従業員を採用する予定だ。2015年まで、成都工場の年間生産台数を現在の3万台から5万台に増産する体制を固まった。

今回の増資は、去年の反日デモ以来、トヨタが初めての対中投資となる。

成都工場はスポーツ用多目的車(SUV)のランドクルーザープラド(4000cc)を専門に生産する工場だ。さらに2015年3月から2700ccの同車種を生産開始と計画されている。

現段階では、中国国内市場で販売されているランドクルーザープラド(2700cc)はすべて日本から輸入するものだ。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...