ユニクロ 上海で最大の旗艦店をオープンする 中国では1000店舗を開店計画


F20130

9月30日、ユニクロの最大な旗艦店は上海でオープンした。ユニクロは中国での事業拡大は、前例のないスピードで進んでいる。

消息筋によると、ユニクロは毎年80から100の店舗を開店させる計画だ。2020年にファーストリテイリンググループの売上高は5兆円に達し、これから7年で業績を5倍増、今後中国での店舗数は地方まで含めて1000店舗を開店する計画だった。

ユニクロ上海旗艦店は、上海市の賑やかな淮海路商業街にあり、営業面積は8000平米超え、地上5階と地下1階の建物だ。この上海旗艦店は香港、東京銀座、ニューヨークに次ぐ11軒目のグローバル旗艦店であり、世界最大なグローバル旗艦店でもある。

ユニクロは過去11年で中国で開店した店舗数は80店に過ぎなかったが、最近の1年半では、一気に132店舗を増やし、店舗数が212店に達した。

この数字ではライバルのZara(131店舗)、H&M(148店舗)、GAP(57店舗)より遥かに超えた。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...