ジェネリック医薬品 2015年に中国市場規模が8兆円を達する


1001

中国のメディアによると、2012年1月1日から2016年12月31日までの5年間で、世界では631種類の特許薬の特許保護有限期限が切れる、多くの途上国にとって、ジェネリック医薬品市場の拡大がますます期待できる。

中国の医薬市場は世界で最も急成長している。2012年から2017年にかけて、16.7%の年間成長率を維持できると予想される。

分析レポートでは、2015年までに、中国は世界第二位の医薬品市場国(漢方薬を含む)になる。ジェネリック医薬品の中国市場規模も5000億元(約8兆円)に達する見通しである。

ジェネリック医薬品は単なる模造品ではなく、世界各国では厳格な基準を課している。現在の中国市場では、国産医薬品の95%はジェネリック医薬品である。一方、実際の製造過程では、中国国内の製薬会社は品質に対して手抜き傾向が深刻であると、マスコミから強く指摘されている。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...