中国 宅配便会社が荷物を配送する小型無人航空機を開発


1309

中国にある大手宅配便会社「順豊」が社内で、荷物を配送する小型無人航空機を開発していると中国国内のメディアに報道された。

「順豊」の責任者の話によると、小型無人航空機の飛行高度は約100m、機体の下に荷物の置き場が設置されている。ナビゲーションシステムが内蔵されているため、スタッフが目的地とルートを設定すれば自動的に目的地に向かう。精度誤差は2m以内という。

現在、小型無人航空機が広東省東莞市で内部テストを行っている。

小型無人航空機の採用メリットとしては、一部の辺鄙地では、配送効率を向上させたり、輸送コストを低減させることができるが、商業利用の安全性などの問題で航空監督機関から飛行許可を得られるのは極めて難しいと見られている。

技術の面では問題がないかもしれないが、実際に運用できる可能性が殆どないではないかと業界関係者が分析している。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新浪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...